​処遇改善加算について

生活工房は福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ)及び福祉・介護職員等特定処遇改善加算()を取得しており、職場環境等要件として、下記の通り取り組んでおります。

  • 研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動

  • 職員の事情等の状況に応じた勤務シフトや短時間正規職員制度の導入、職員の希望に即した非正規職員か正規職員への転換の制度等の整備

  • 有給休暇が取得しやすい環境の整備

  • 障害を有する者でも働きやすい職場環境の構築や勤務シフトの配慮

  • ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の福祉・介護職員の気づきを踏まえた勤務環境や支援内容の改善

  • 地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上に資する、地域の児童・生徒や住民との交流の実施

  • 利用者本位の支援方針など障害福祉や法人の理念等を定期的に学ぶ機会の提供

  • 支援の好事例や、利用者やその家族からの謝意等の情報を共有する機会の提供